PLAYCOOL TEACHERS

 PLAYCOOL CAMP 2017 講師陣の紹介

arvin homa aya(アーヴィン・ホマ・アヤ)

カリフォルニア州サンフランシスコ生まれ。

シンガー/ソングライター/作詞訳詞家/英詞曲のvocal&recordingディレクター。

 

  1998年よりスタジオワークを中心にさまざまなメジャーアーティストの作品に携わり、作詞(英詞)訳詞家としてもこれまでにYOSHIKI、久保田利伸、akiko、JILLE等の作品に歌詞を提供。2002年以降Jazztronik、須永辰緒、FreeTEMPO、i-dep、DAISHI DANCE等数多くのクラブミュージック系アーティストの作品にfeat. vocalistとして起用され、シンガーとしての活動の幅も広げる。

  2005年には初のソロアルバム「Butterflies」をリリースし、feat. 作品をコンパイルしたベスト・アルバム「My mUSic tRee」を含め、これまでにオリジナル・アルバムを6枚リリース。メジャー第一弾となったアルバム「VOICE」では、itunesダンス・シングル・チャートで1位・2位のダブル・フィニッシュを果たし、アルバム・チャートでも2位となり、個人名義での初のリリース・ツアーを行う。また、ライブ活動のほか「ラスト・シンデレラ」や「手紙」等のドラマ/映画/アニメの挿入歌を担当し、アーティストとしても幅広い作品に携わる。

  現在もさまざまな制作、作品やプロジェクトに参加をする傍ら、これまでに培ってきた経験を活かし、2017年に新しくオープンした「DIGZ ACADEMY TOKYO」または学童保育施設「こどもtoiro」での英語×音楽プログラムのdirectorとしてカリキュラム作りから、監修/指導を担当。また、ジャズと英語を親子で楽しめるワークショップ「Kids meet Jazz!」にも参加するなど、英語と音楽を合わせた子供教育にも取り組んでいる。

http://www.arvinhomaaya.com

DARTHREIDER

NOW PRINTING...

KO KIMURA

1980年代中旬の日本のクラブカルチャー黎明期より活動を続けるDJ。HOW TO DJのDVDや、DJミックスCDのコンパイル。また自らのレコードレーベルFUTIC RECORDINGS TOKYO等からオリジナルトラック、アルバム等も随時リリース中。

Q'HEY

国内最長寿テクノパーティー「REBOOT」を主宰。フジロック、ULTRA JAPAN等様々なフェスに出演し、日本のテクノシーンをリードする存在。block.fm「radio REBOOT」のパーソナリティーも務めている。

WASEI CHIKADA

studio eyebrow代表。House, Electric Funk, Nu-DiscoのDJ, リミキサー及びプロデユーサー。中・高校生に向けて「ダンスが100倍楽しくなるダンスミュージック講座」を定期的に行うなど、クラブカルチャーの裾野を広げる活動も展開中。

Watusi(COLDFEET)

Lori FineとのユニットCOLDFEETのプログラマー/ベーシスト/DJ。アーティストとして、またアンダーグラウンドとメジャーを繋ぐプロデュース・チームとして活動。未来へ繋がっていくバレアリックな音楽を量産/発信し続ける。

YOKE aka DJ REDBLOOD

JBC SOUNDS主催。MC,DJ,PRODUCER。1993年よりDJ活動開始。14歳よりMCとしてもMICを握り始める。2002年より続く長寿HIPHOP PARTY 青山蜂 「THICK」オーガナイズ、CAMELOT にて開催のSAVE THE HIPHOP PROJECT 「REHERB」のイベントPRODUCEをDJ YUTAKAと共にもつとめる。7/6に3RD SOLO ALBUM「Family」をリリース。

Yummy(ヤミー)

ハウスDJ、プロデューサー。フィメールDJブームの先駆けとして知られ、DJ現場のほかTVやラジオレギュラー出演をはじめ私塾の設立や大学での講義、文庫版とんかつDJアゲ太郎でコラムを連載中。

Zeebra

日本語におけるラップを新たな次元へと引き上げ、ヒップホップ・シーンの拡大に貢献した立役者。渋谷区ナイトアンバサダー/クラブとクラブカルチャーを守る会 会長

Please reload

many more coming soon...

© 2016 Club and Clubculture Conference Proudly created with Wix.com

Supported by